皆様こんにちは、パーソナルトレーナーの内田です。
本日は~お家で出来る足首柔軟性UP簡単トレ編~
をお送りします。

ここで恒例になりつつある、いきなり問題を出します。

Q.足首の柔軟性をupさせるトレーニングとは?

この記事は前回私が書かせて頂いた記事の続きとなっています。
是非下のURL記事からお読み頂けると幸いです。

本当に効果のあるトレーニング、関節可動域UP編

さて、前回の記事で足首の柔軟性UPの為にお家で出来る簡単
テニスボールストレッチをご案内しましたね。
そこで筋トレのほうがストレッチ効果が高いともお話をしました。

忙しい生活を送られている皆様は硬くなりやすい部位が似てきます。
足首が硬い、と感じている方も多いのではないでしょうか。
ありていに言うとヤンキー座りが出来ない方は足首が硬い証拠です。
前屈をした時に指先が床にタッチできない方は腿裏のハムストリングス
が硬くなっている証拠です。

今回ご案内するトレーニングは本当にいろいろな効果をゲットする
事が出来ます。
今回の題材である足首を柔らかくすることはもちろん、腿裏の筋肉を
柔らかくすることもできます。
お腹が気になっている方朗報です、なんと腹筋よりお腹を引き締める
効果が高いです。

早速答え行ってみましょう。もうお気づきの方も多いはず。
トレーニングの王様king of training!!
A. スクワット!!!!!!!

パーソナルトレーナーがご案内する一番多いエクササイズです。
文章でですが、いくつかの注意点をご案内します。

1.動作中骨盤が前後傾していないか
→反り腰になったり、お尻が丸まったりしてないか

2.動作中肩の軸が前後にぶれていないか
→真っ直ぐあげおろし出来ているかどうか

3.上げるときで膝を伸ばす動作のみで身体が9の時になってないか
→でっちりになるのではなく、上半身から起こしあげるイメージを持つ

以上の点に注意してお家でスクワットやってみてください。
数か月続ければ、変わっていく柔軟性がわかるはず!!

この時にどうしても背中が丸まってしまう!という方は多いはず。
それはお腹の力が使えてないせいかもしれません。
次回はお家で出来る簡単筋トレ体幹編をお送りします。