皆様こんにちは、パーソナルトレーナーの内田です。

今回はこちらのコラムの続きとなってます。
是非お読みいただいてから、お試しください。

【あなたの健康数値を測定しよう!Vor.1編】

今回は前回からの続きでFSS測定をご案内
させて頂きます。

FSSは「ファンクショナルスタティックスクリーン」の略で、
全部で7つの測定項目があり、本日は2つの測定
をご案内させて頂きます。

三つ目の測定はnee up 5sec keep、腸腰筋の
柔軟性を測定します。
方膝を伸ばしたまま、もう片方の腿が床と平行になるまで
膝を上げ、背筋を伸ばしたまま5秒静止できるかを
測定します。

img_2351 img_2350
3点・・・両足とも問題なく出来る
2点・・・片足だけ出来る
1点・・・両脚とも出来ない
※少しでも脚がふらついたら失格です

二つ目は肩甲の柔軟性チェックです。
背中側で手が組めるかどうかを測定します。
指先がしっかりつけば合格です。

img_2368img_2366
3点・・・両手とも組める
2点・・・片手のみ組める
1点・・・全く組めない

実際に試して頂き、何点になるか確かめてください。
次回はVor.3の測定方法をご案内します!