皆様こんにちは、パーソナルトレーナーの内田です。
本日は~本当に効果のあるトレーニングは、身体のチェックから~
をお送りします。

ここで恒例になりつつある、いきなり問題を出します。

Q.あなたは身体が硬いと思いますか?どこが硬いかわかりますか?

この記事は前回私が書かせて頂いた記事の続きとなっています。
是非下のURL記事からお読み頂けると幸いです。

「ダイエットとは?」

この記事をお読みいただいている方、その場で立位体前屈をして頂いて
どこが伸びているか確認をしてみてください。
○腿裏が伸びている
×膝裏から特にふくらはぎが伸びている

次は楽な体勢で床に座って、手を頭の後ろで合わせてください。
誰かに背中を脚で抑えてもらいながら肘を後ろに引いてもらった時に、
○胸や脇が伸びる
×肩や背中が痛くなる

最後につま先踵を付け、踵を床に接地したまま床にしゃがんでみてください。
○床までストレスなくしゃがめる
×最後までしゃがめない、途中で後ろに転んでしまう

この三つのチェックをしてみてください。
一つでも×がついた方は要注意です。身体に重大な異常をきたす恐れがあります。

ここでポイントになる言葉が筋膜です。
聞いたことはあるでしょうか。ここ最近雑誌やテレビで取り上げられる機会も多く、
ピラティスレッスンなんかでも筋膜リリースを取り入れている所もあります。

鶏肉を調理したことはありますか?
肉の上に薄い膜付いているのが分かると思います。
あれが筋膜で、人間の身体にも同じのがあります。

この膜が筋繊維と癒着していると×のような感覚があります。
この癒着が原因で腰の痛み、肩の痛み、脚の痛み浮腫みなど、
様々な悪影響を身体に及ぼします。
俗に言うトリガーポイントなるものですね。
さらに脚を細くしたいけど、全くトレーニング効果が出ないと感じている方、
この癒着をはがすだけで脚の細さを手に入れる事が出来ますし、
劇的なトレーニング効果も期待できます。

最後のチェック項目の踵を設置したまましゃがむ動作では、足首の柔軟性を
確認しています。
これは筋肉というより、関節骨にかかわる柔軟性です。
これが出来ない方は、そもそもトレーニングを頑張っても脚が細くなりづらいです。
歩き方・立ち方が悪く、可動域上、上手な身体の使い方が出来ないからです。

ここでQの私が思う正しい答えをお伝えします。

A.あなたは筋肉が硬いのではない。筋膜が癒着し関節可動域が低い。

可能性がある、くらいに言っておきます。7~8割くらいの人が当てはまる理由で、
2~3割の方は違う理由で効果が出づらいからです。

ここまでで一つでも×がついた方は、是非次の内田コラムをお読みください。
次は~本当に効果のあるトレーニング、癒着のはがし方~編をお送りします。