皆さんこんにちは、うちトレです。

今回も前回からの続きのコラムです。
今日もトレーナー向けです。

私も森全体、つまり様々な動きの中で身体の-要因を
探し、そこにアプローチをかけていきます。

なので私はクライアントがレスト中、水を飲んだり歩いたり
している姿勢も細かくチェックしています。
日頃の癖の中で、どの筋肉が邪魔をしているかを見抜く
のはまさにトレーナーの腕と思っています。

しかし、そこを通っていただいたばかりのクライアントに
理解していただくのは非常に難しく感じています。
動きの重要性・バランス・使い方などは、トレーニングを
おこなっていくうちに理解を深めていくしかありません。

運動を始めたばかりの方に、
「すごくスムーズに動けました!」
という言葉より
「前より前屈が大幅に出来るようになった」とか
「ベったと開脚が出来るようになった」などの
わかりやすい変化の方が響くと思います。

トレーナー的に見ても同じことが言えます。
動きを観察し評価することはすごく難しい物。

デビューしたてのトレーナーに正しい動きの評価は
中々しずらいかもしれません。

兎に角わかりやすく、全ての方に感動を経て頂き、
改善していく、究極の形を探しています。

だからこそ【開脚が誰でも出来るようになる】
が世間で大流行りしたのだと私は思います。
皆さんも是非柔軟性を感じながらトレーニングしましょう!