皆様こんにちは、パーソナルトレーナーの内田です。
本日は【本当に正しい有酸素運動編】をお送りします。
ここで恒例になりつつある、いきなり問題を出します。

Q.一回でどのくらい、週何回走ったらいいの?

この記事は以前かかせて頂いたものと関連しております。
是非下のURL記事からお読み頂けると幸いです。

有酸素程ダイエットに非効率なことはない!!

一番最初のコラムで
「有酸素程ダイエットに非効率なことはない!!」
トお伝えをさせて頂きました。
だからと言って有酸素運動を否定しているわけではありません。
脂肪を減らしたいというのが一番の目的の人にとって、
非効率な選択であるということです。

皆さんの中で身近な有酸素運動と言えば
ランニング・ジョギング・ウォーキングですね。
まずはじめに有酸素運動をやる目的についてお話します。

以前のコラムで
ダイエット=あなたが求める目的に合わせ計画した事を実行していく事
というお話をしました。
例えば浮腫みがひどくて足がつらい人に過度な食事制限を進めても
目的とは外れます。
私だった有酸素運動・ストレッチ・トレーニングを進めます。
ストレスが溜まって、いろんな考えが頭の中で渦巻いている人にも、
有酸素運動・ストレッチを進めます。
ある程度食事管理もしていて、トレーニングもしている。そこから更に、
もうひと絞りしたい人には有酸素運動を進めます。

有酸素運動には様々な効果があります。
脂肪を燃やしたりするのはもちろん、浮腫みを解消したり、リフレッシュ
したりするなど素晴らしい効果がたくさん!!

脂肪を燃やす為の有酸素運動が大変な事も以前お話ししましたね。
脂肪1kg落とすのに約100kmのランニングをしなければいけない。
こう思うと途方もない数値ですがこれを一カ月で達成すると考えると
1日約3.3km走れば月100km走れます。
1ヶ月で1kg落ちるので1年で12kg減量の理想的な数値ですね。

ここで答えをお伝えしたいと思います。
A.一回のランニングを多くより、少ない時間を頻度を多く行う

よく一回どのくらい走ったらいいの?との質問を受けます。
僕は必ず、「物足りないくらいがちょうどいいですよ」
とお伝えします。
どの目的に対しても、一回の量を多くするより頻度を増やした
方がいいのは間違いありません。つまり
1週間で1回10km走るより
1週間で6回1.6km走った方が効果的ということです。

1回の量は、まだちょっと走れそうだな、というところでとどめとく事です。
無理せずに楽しくランニングしていきましょう!

次回は脂肪を燃やす選択肢は?編をお送りします。