皆様こんにちは!トレーナーの平松です。いつもページをご覧いただきありがとうございます。

 

本日、都内のとある企業様向けに、従業員の皆様の健康数値や姿勢測定を行うイベントを実施してまいりました。

そちらの企業様では、従業員の健康状態の悪化(肩こり、腰痛、ストレスによるうつ病など)による業務効率の低下を懸念されており、測定結果のデータをまとめ、必要な運動や生活習慣の改善のためのアドバイスを行うイベント実施をご依頼頂いた、という経緯です。

 

【実際、、、】

実際、厚生労働省調べのアンケートでは腰痛、肩こりに悩まされている人は国民の約10分の1と非常に多く、働き盛りの年代でもこれらの症状に苦しんでいる人が多いのではないかと思います。
さらに、、他にも某健康食品販売企業が行った20代~60代の男女800名(腰痛あり/なし各400名)に対する腰痛とその原因や悩みについてのアンケート調査の結果では、腰痛に苦しんでいる人は仕事の効率が平均40%低下していると感じており、この苦しみから解放されるなら平均207万円かかっても構わない、と考えていることが明らかになりました。
調査ではまず腰痛の原因を尋ねており、回答結果は多い順に1位「運動不足」、2位「日頃の姿勢」、3位「デスクワーク」となっています。結果から、日々デスクワークに従事する職業でも腰痛持ちの人が多いことが推測されますし、私のトレーナーとしての経験上も、力仕事や立ち仕事の方々よりも、圧倒的に上記のような座り仕事で運動不足の方に腰痛を訴えられる率が高いと感じます。
また、上記にも記述しましたが「腰痛がひどくなると、仕事の効率はどの程度低下すると感じますか。」という問いに対しては、腰痛経験者は平均で約40%(38.9%)程度効率が低下すると回答しており、「70%以上」「90%以上」と回答した人も相当数いらっしゃったようです。腰痛が仕事に大きく悪影響を及ぼしている状況がうかがえます。
さらに興味深い回答がこちら、、、「腰痛から完全に解放されるとしたらあなたはどの程度の出費ができますか」という質問に対して、平均で「207万円払う」との回答が!最大では「5億円」という回答もあったようです。このような大きな出費をしてでも、腰痛の苦しみから解放されたいという切実な欲求を表しているともいえますね。。。5億円も頂かなくても軽減できますよとお伝えしたいです。。。というか5億円ください。。。

 

実際に行ったアンケート結果からも、特に腰痛や肩こりにより業務の効率が低下している現状が伺えます。

ですが、上記のような症状は、適切なストレッチや筋力トレーニングを行い、姿勢や動きの癖を改善できればほとんどの場合で軽減、もしくは改善できます。おそらく皆様はそのすべを知らないだけではないでしょうか。

マッサージや、鍼灸の治療などは症状を一時的に抑えてくれますが、なかなか根本の解決には至りません。

ぜひ上記のような凝り、痛みにお悩みの方は、一度パーソナルトレーナーにご相談ください!