こんにちは!こんばんは!

施術者兼トレーナーのオオクボです!

本日のコラムは【鍼灸の適応疾患】についてです!

以前もコラマで鍼灸の治療効果について話したことがありますが…

再度もう一度!

大きく分けて5つのこの考えがあります!

  1. ゲートコントロール…針刺激が脊髄において痛みを抑制する。
  2. エンドルフィン…針刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。
  3. 末梢神経の遮断効果…針刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。
  4. 経穴(ツボ)の針刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。
  5. 血液循環の改善…筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする。

また、上記以外でも古来より認められている鎮痛効果もあります。

つまり、針とかお灸して刺激を与えて、自分の体の中の物質で不調の部位を調節してもうようなものです!

また適応疾患は『日本鍼灸師会』のホームページにわかりやすい画像があったので、引用させていただきます!

是非、まだ鍼灸治療したことないという方はちょっと調子悪いな〜とか違和感があるタイミングで受けてみるのも良いかと思います!

スクリーンショット 2018-09-22 12.39.46