こんにちわこんばんわ。トレーニングユーザー!

月曜コラム担当高野です。

 

今回は【柔軟性】についてのお話。

皆さん身体はそこそこ柔らかいと思います。むしろ自信もって柔らかい言う方のが少ないですね(笑)

 

簡単に行える柔軟性のテストがあります。

皆さんご存知のいわゆる前屈ですね。

例えば手や指が 1.全くつかない 2.指先が付く 3.掌が付く

この3パターンが分かりやすいですね。

是非現在がどのぐらいかチェックしてみてください。

 

柔軟性が高いとなにが起きるか?

・血管や筋肉や関節などの柔軟性&可動範囲が高くなり代謝が高くなり痩せやすくなる。

・筋肉をフルモーションで動く事ができ、トレーニングでの効果を高める。

・部分の柔軟性が増す為怪我しにくくなる。

 

良いことが多いです。

まぁトレーニングはやってもストレッチはやらない人が大半ですが(笑)

自分も柔軟性を上げたくて一年ほどで開脚が出来るようになりましたし、半年ほどで胸郭が柔らかくなりました。

私自身がよく固そうと言われますが普通の方よりは柔軟性は高いです。なのでよく驚かれますね~

 

柔軟性を上げるには積み重ねです。

トレーニングも同じですよね?

 

今一生懸命やっていることが日常化したら、違う事もやってみましょう!

運動って身体に悪いことは一つもないですから。