こんにちはこんばんは!

施術者兼トレーナーのオオクボです!

本日のコラムは【冷えについて】です。

 

冷える理由は、大きく分けると3つあります。

今回は、そのうちの1つである、体内で熱が作れない場合です!

基礎代謝は、1日のエネルギー消費の60~70%を占めています。

体の部位ごとに基礎代謝を分けると…

筋肉が約38%、肝臓が約12%、胃腸と腎臓がそれぞれ約8%、脾臓が約6%、心臓が約4%、その他が約24%。

筋肉大切ですね!!

つまり筋肉量が少ないと、生み出せる熱が少ないのです。

男性より女性に冷えを感じる人の割合が多いのは、女性の方が筋肉量が少ないからです。

ちなみに体重に対する筋肉量は、男性が約40%なのに対して女性は約36%といわれています。

だから間違ったダイエットで、さらに筋肉量を減らしてしまうと慢性的な冷えに結びついてしまう可能性があるのです!

冷えによって起こる症状は人それぞれです!

手足の冷え、お腹や肩まわりの冷え…また、ひどくなってくると不眠、偏頭痛、食欲不振など、症状が広がってきます。

冷えは万病の元でもあります!

トレーニングももちろん大切ですが…日頃の食生活ももっと大切です!

ここで、体を温める食品を少し載せて置きますのでぜひ参考いただけたら幸いです!

<体を温める食品>

野菜類――ニンジン、カボチャ、玉ネギなど
肉・魚類――鶏肉、羊肉、鮭、鯖、タラ、ふぐなど
調味料・香辛料――味噌、ニンニク、コショウ、シナモンなど
豆類など

<体を冷やす食品>

野菜・果実類――キュウリ、レタス、トマト、柿、梨など
飲料――麦茶、コーヒー、牛乳、豆乳など
調味料など――酢、植物油など

ぜひ、今後も自分の体に優しくしてあげてください!