こんにちは、トレーナーの斉藤です。
今回は、8月よりサービスインした『オーダーメイド機能別整体』に伴い、マッサージとストレッチの違いについて紹介させて頂きます。
まずストレッチは主に関節にアプローチをします。(トレーニングでの柔軟性の獲得はストレッチに近い効果です)それに対してマッサージは筋肉へのアプローチになります。

立位で前屈をした時今まで地面に手がついたことが無かったとしたら、ストレッチにより改善した時

柔らかくなった

と実感するはずです。
しかし、改善された多くのポイントは関節にあり、筋肉実質ではないのです。
そのため、ストレッチと共に筋肉にアプローチするためにマッサージが必要になります。

柔軟性があるのにもかかわらず筋肉が硬い人は多くいます。
コンディションを整えるにはストレッチとマッサージの両方が必要です。
ストレッチの多くはセルフでも行えますがマッサージをセルフで行うのは限度があります。
特に姿勢などに関与する背面部のマッサージはセルフでは行う事が出来ません。
セルフで行うことのできない部分が姿勢を乱し肩コリ、腰痛などに発展させます。
筋肉が硬く姿勢が乱れたままトレーニングをしても効果が減少します。
マッサージとストレッチを活用しコンディションを整え最大限にトレーニングの効果を引き出しましょう。
今回サービスインした『オーダーメイド機能別整体』は一人ひとりに合わせたベストコンディションを提供します。
是非、トレーニングと合わせてご活用ください。