皆様、こんにちは!トレーナーの平松です。

いつもページをご覧いただきありがとうございます。

今回のコラムテーマは、【食事のタイミング】についてです。お客様に質問を頂くことも非常に多いこのテーマ。

「ご飯を食べるのはトレーニング前と後どっちがいいですか?」

「夜、家に帰って食事しないほうがいいですか?」

もちろん、その方の目的にもよりますし、時間帯や体調、トレーニングの頻度などによりケースバイケースです。しかし、やはりここをおさえておかなければ、いくら良いフォームでしっかりと追い込めた完璧なトレーニングをしても、残念ながら一生体に変化をもたらすことはできません。

今回は基本的な考え方とその理論を、2回に分けて解説致します!皆様の努力が水の泡にならぬように・・・

 

 

【そもそもなぜ食事が重要か】

筋トレさえすれば筋肉が増える、と思っている方は意外に多いものです。しかし、筋肉は、トレーニングによる刺激と、その後に起こる同化作用により筋細胞中に栄養素が取り込まれることによって成長します。

つまり、いくらトレーニングをしても、その後に筋肉を作る材料となる栄養(たんぱく質、糖質、ビタミン類など)がなければ、効果がないどころかトレーニングの疲労を回復することもできないので、逆効果になってしまうことすらあるということです。

極端な例ですが、ボディビルダーの方などは、驚くほど細かく栄養管理をしています。摂取する栄養素の量、食事の回数、時間帯など、、逆に言えばそこまで管理をして初めてトレーニングの効果を最大限生かすことができる。とも言えます。

 

次回より、

より具体的にお伝えしてまいりますので、楽しみにお待ちください!

 

関連記事、復習はこちら↓

【食事の考え方の基本。PFCバランスについて】http://plf.s-databank.com/eating/hiramatsu16/

【プロテインの選び方】http://plf.s-databank.com/eating/hiramatsu15/