皆様こんにちは!トレーナーの平松です。

いつもページをご覧いただきありがとうございます。

 

某有名コーヒーショップにて、お仕事の打ち合わせをしていたときのこと。ふと気づきました、、、。

「ブラックコーヒーを飲むとトイレ(小)がめちゃくちゃ近くなる!!!」

おそらく、カフェインのせいかなーと思ったのですが、そういえば普段からよく摂取するのにカフェインについて良く知らないなあと感じたため、詳しく調べてみることにしました。ダイエット系のサプリメントや、エナジードリンクなどにも含まれていて、皆様も摂取することが多い成分ではないかと思います。

 

 

以前「カフェインには発ガン性がある」とささやかれたこともありましたが、様々な研究の結果、現在では「カフェインには発ガン性や変異原性はない」という認識で落ち着いているようです。一方で、エナジードリンクの大量摂取による突然死事故の原因が、カフェインの多量摂取であると報道されたのも記憶に新しいかと思います。

 

なにかと話題の多いカフェインですが、薬理作用としては以下のものがあります。

 

【作用】

平滑筋を弛緩させることにより、気管支喘息や狭心症の改善に作用する (効果は弱いようです)
大脳皮質に作用して精神機能、知覚機能を刺激する結果、眠気や疲労感を取り除き、思考力や集中力が増す
中枢神経に作用し、呼吸機能や運動機能を高める
心臓の収縮力を高めることによる強心作用(低血圧を一時的に改善)
腎臓に作用して利尿効果を促進する
胃液分泌を促進し、消化を助ける
アセトアルデヒド(二日酔いの原因)の排泄を促進する。(二日酔いの頭痛に効果)
脳内の血流を良くすることによって、脳血管性の偏頭痛を静める
ボケやパーキンソン病の予防効果

 

ざっと調べた感じですがこれだけの効果があるようです。

腎臓に作用して利尿効果を促進する、がトイレが近くなった理由なのかなと納得です。また中枢神経系への作用により、呼吸機能や運動機能が高まるとのことなので、トレーニング前のカフェイン摂取も理にかなっているようですね!

 

上記のように、やはり集中したいときや眠気覚ましにコーヒーを飲むのは薬理効果を調べてみても有効なようです。

また、下記にカフェインの摂取量の目安についての表を添付しますので、参考にしてみてください!

 

20130502_caffeine_03