皆様こんにちは、トレーナーの平松です。いつもページをご覧いただきありがとうございます。

南から順に梅雨が明け、蒸し暑い日が続きますが・・・みなさま、体調はいかがでしょうか?季節はまさに、夏本番を迎えようとしていますが、夏を乗り切れるような強い体の準備はできていますか?(見た目の話も含め・・・)

本日は、元気に夏を乗り切れるよう、夏バテの予防策についてのお話をさせて頂きます。

 

【そもそも夏バテって何をさすの?】

「夏バテ(なつバテ)とは夏の暑さによる自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状。暑気中り(しょきあたり)、暑さ負け、夏負けと呼ばれることもある。主な症状は、全身の倦怠感・思考力低下・食欲不振・下痢・便秘など。時に頭痛・発熱・めまいを伴うこともある。」・・・wikipediaより引用

とのこと。夏場のこのような体調不良、過去に経験したことのある方多いのでは?と思います。

 

【原因は?】

人間の体は、真夏のような高温・多湿な状態においては熱を逃がし汗をかいたり血管を拡げたりして体温を一定に保とうという反応が働きます。通常はこのような反応を起こすことで負担に耐えることができるはずですが、特に負担が強い場合や、長引いたりすると、体に溜まった熱を外に出すことが出来なくなってきます。

この状態が続いて、自律神経が乱れ、前述の様々な症状が現れるのが夏バテです。

このように、気温と湿度の急激な変化により自律神経のバランスが崩れて起こることが多いようです。あとは、ストレスや冷房による冷え、睡眠不足なども一因となりやすいです。「夏バテ」という名称から真夏のみの病気であると思われがちですが、気候の変化が激しい梅雨や初夏にも起こりやすいです。

 

【対策は?】

まずは大まかに、ですが夏バテの改善と予防には、十分な休養と水分・栄養補給を行い体を休めることが大切です。

暑さにより食欲が低下すると、タンパク質・ビタミン・ミネラル分の不足がまず顕著に進みます。とくにタンパク質と、その代謝を助けてくれるビタミンB1が必須です!

具体的には、豚肉、鶏肉、牛肉(お肉大事!!お肉万歳!!)大豆製品、たまご、トマト、チーズ、柑橘類、うなぎ、、、など。この辺りをベースに気を付けつつ、色々な食品をバランスよく摂ることが大事です。また、冷えを増長する冷たいものは控えて、常温か、暖かいお茶などを飲むようにすると効果的です。

また、夏場は特に強度の高い運動をしなくても1日2~3リットルの汗をかくため、意識的に水分を取るようにしましょう。かなり意識をして積極的に摂らないと、足りない方がほとんどだと思います。

最後に、、冷房を使用する際は、体に負担がかからない様に室温と外気温の差を5°C以内にすることが望ましいと言われています。(外気温35℃とかになっちゃうとお手上げですよね、、そんな日は無理せず室温下げて、なるべく外出を控えてください)

特に女性の方は、ひざ掛け・カーディガン等で冷え具合を調節するとでよいと思います。

 

いかがでしたか?

結局は、日々の生活の中でいかに食事のバランスに注意し、体力をつけておくかが大事です。今一度ご自身の生活を見直していただき、バテない工夫をしていただきたいと思います!!