皆さまこんにちは!トレーナーの平松です。いつもページをご覧いただきありがとうございます。

本日のテーマは、プロテインの選び方、です。PREMIUM LIFE FITNESS店頭のサプリメントに新たな仲間が加わり、このタイミングで改めて、プロテインの重要性、その種類や選び方をお伝えしていきます!

過去の投稿【プロテイン最強説】もあわせてご覧くださいませ。

 

【プロテインの種類】

まず、プロテインは大きく分けて『ホエイプロテイン』、『カゼインプロテイン』、『ソイプロテイン』と呼ばれるものに分かれます。そしてこの中で、最も一般的で筋肉を増やすのに効果的と言われているのが、ホエイプロテインです。“プロテインの王様”とも呼ばれています。

このホエイプロテインは牛乳を原料として作られていて、ホエイとは日本語で乳清(牛乳から乳脂肪分などを取り除いた水溶液)という意味です。ホエイプロテインの主な特徴は、体内への吸収が早いことと、筋肉の生成や筋肉の分解を抑える上で重要なアミノ酸(BCAA)を多く含んでいることです。また、グラム当たりのタンパク質含有量が一番多いのもこのホエイプロテインの特徴です。

次はカゼインプロテインの特徴です。このカゼインプロテインも牛乳を原料としていますが、ホエイとは異なる製法で作られています。カゼインプロテインはホエイプロテインとは違い吸収がゆっくりなので、長時間持続的にタンパク質の吸収が進みます。
寝る前や間食での栄養補給に向いているプロテインと言えるでしょう。

いままではホエイプロテインが重要視される傾向にありましたが、持続的に長時間栄養補給してくれるという意味で腹持ちが良く、長時間栄養摂取できていない時や空腹時の『タンパク質の分解→筋肉の分解』を防いでくれるので評価が高まっています。ホエイとカゼインをブレンドした商品なども最近は多く販売されています。

 

最後は、ソイプロテインについてです。上記のホエイ、カゼインのような牛乳を原料とした動物性タンパク質ではなく、大豆を原料とした植物性のタンパク質のプロテインです。大豆に含まれる成分がそのままプロテインにも含まれることになるのですが、大豆に含まれる成分として代表的なものにイソフラボンというものがあります。

他のプロテインに比べてイソフラボンの効果により甲状腺という組織の機能を働きを活性化させることで、全身の細胞の代謝を高める働きがあるそうです。ダイエット時に使用することで他のプロテインに比べて脂肪が落ちやすくなるという実験データもあるようです。

 

【なにを選ぶべき?】

まず大事なのは、日ごろの食事から十分なタンパク質を摂取できることです。そして、さらに大事なのは何を選ぶかよりも、どれでもいいのでまずは飲むこと、です。

同じ種類のプロテインでも、いろいろなメーカーから本当に多くの商品が売られています。筋量増加ならばホエイ、シェイプアップならばカゼインorソイ、と目的によって選び分けることは必要かもしれませんが、メーカーや商品による違いは実際のところほとんど感じられないだろうな、というのが本心です。ですので、あとは値段や味わいなど、長く飲み続けられるかどうかがポイントかと思います。

 

いかがでしたでしょうか。パックのタイプのプロテインがコンビニで売られるようになってきたり、ネット通販で安いプロテインが販売されるようになってきたりと、入手しやすいものになってきました。ぜひ、迷わずに、まずは手を出しやすいものに手を出し、飲むことを当たり前にしてみてくださいね!