皆さんこんにちは、パーソナルトレーナーの内田です。

前回からのコラムの続きです。

筋膜とは?
その名の通り筋肉の表面についてる膜のような物です。
鶏肉を調理した際に、筋肉の上に薄い膜があるのを
知っている方も多いと思います。

余談ですが、鶏肉を調理する際にこの筋膜の処理が
大切になってきます。美味しく調理するために・・・

この話は長くなるのでまたの機会に(笑)

人間にも同じ膜が存在しています。
これが筋肉に引っ付いている状態を癒着といいます。
通常は筋膜と筋肉の間は空いていますが、日常生活を
送っていて身体にストレスがかかったり、歪みにより
バランスが崩れていると至る所に癒着が起こってきます。

この癒着が起こると筋肉が伸張も短縮も起こりづらく、
身体が凝り固まったと感じる状態になります。

皆様が「最近身体が硬くなったなぁ」って感じるのは、
実は筋膜が癒着しているからなのです。

筋膜が癒着したままストレッチや運動を行うとどうなる
でしょうか?
基本的にストレッチも運動も筋肉の伸張短縮の連動の
動作なので、癒着したままだと上手く伸びもしないし、
縮みもしない状態になります。

このまま運動をやると下手をすると怪我が起こりやすい
ですし、そこまでならないまでも時間の無駄になること
になるでしょう”(-“”-)”

この記事を読んで少しでも筋膜の重要性に気が付いて
頂ければ、今後の運動のやり方も絶対変わってきます!

次回は筋膜の癒着をはがすツールをご紹介いたします。