みなさんこんにちは、トレーナーの斉藤です。

今回は体を柔らかくするための『ストレッチの正しいやり方』についてお話します。

ポイントは2つです。

 

1つはストレッチを行う継続時間

2つ目はストレッチの強度

 

まず1つ目のストレッチを行う継続時間は部位にもよって多少上下しますが、基本的には1部位、30秒以上継続する必要があります。

30秒という時間、ストレッチをしていると結構長いです。

また体が硬くてストレッチが苦手な方であれば尚更長く感じます。

ここまで読んで「ストレッチって大変」と思うかた、ご安心してください。

 

ここで、2つ目のストレッチの強度ですが、多くの方が痛いストレッチを我慢して行います。

そのためストレッチ=きつい、痛い、しんどい

このイメージが強いですが痛みに耐えて行うストレッチでは効果を十分に発揮できません。

基本的に体を柔らかくするためのストレッチであれば、痛くない程度が理想です。

 

柔軟性の獲得のために、『30秒間痛くない程度のストレッチ』をぜひお試しください。